旅の記録です

タグ: キャッシュレス

唐突ですが中国へ行く予定あります

2月に中国へ行って来る予定です。
まず、成田発上海。帰りも上海発成田です。暗くなると怖いので、なるべく早い時間に行動します。
パスポートは2011年の福島第一原発事故の時にセシウム汚染が怖くて、娘と海外に逃げようと作ったものの、うやむやになり、それきり使ってませんでした。
早くしないと10年のパスポート期限が切れてしまいます。行きます。行ってきます。どこでもいいから行ってきます。という感じで中国です。

しかし初海外、それも中国へ渡航となると心の準備ふくめ事前活動が必要です。ということで、次回に海外旅行する際にサクッと出かけられるよう、また、同じく中国初心者の方の参考になるように、やったことを記録していきます。途中アフィリエイトがあるので、よかったら踏んでください

目的
/該当するアプリ
やったこと 次はやらないで良さそうか? かかったコスト
飛行機のチケットを取る トラベルコの「海外格安航空券」に条件を入れて検索 時間。トラベルコでいいのかどうかも分からず時間をくった。次回もここでいいと思う
↑の続き 検索結果に取り扱い旅行業者がたくさん出て来てどれがいいのか分からなくなったので一応サイトとか見てお馴染みの秋山サンとかがいたのでエアトリでチケット購入した。



ちなみに↑↑このアフィリエイト広告の上海行きチケットすごく安いけど、乗り継いで11時間くらいかかる。直行なら3時間で着くものをナンと!! ただし時間を気にしない人には魅力あると思いますよ。
2人分往復で約10万円
中国での支払い方法を調べる キャッシュレス化が進み現金はほぼ使えないとの情報。
スマホにAlipay(アリペイ。アリババ株式会社)のアプリをDL
かなり時間をくった。
心理的負担
上同 日本のキャッシュカードは使えない、VISAも怪しい、ただし銀聯カードなら使えるとネットの情報。
三井住友で銀聯カード作った。ネット申し込みだと1週間で届く。届いた。
時間
心理的負担
支払い方法の確立

支付宝(アリペイのアプリ)とキャッシュカードを紐付け。普段使っている楽天カードは却下だったためデビッドカードを登録したら通った。パスポートの写真(顔写真だけではなく全体)の取り直しを3回指示されたけど最後は通った。とりあえず100元チャージ。約3時間後にデビッドカードから引き落としのメール有り。 ◎次回はチャージのみ 英語と中国語でしか説明がないこともあり、信頼できるのかどうかドキドキした。
10元=1732円
安全のために

香港、新疆ウイグル自治区、チベットとか弾圧している中国。自分もなんかの加減で逮捕されるかも分からない。そしたら日本国に頼るしかない……
ということで外務省のサイトへ行きたびレジに登録。アプリもDL。
なんかあったら絶体助けてください!!ジャポン頼みます!!
心理的負担
ネット接続のために

中国ではGoogle(map、mail、検索など)やLINEは使えないとのこと。中国で使える海外レンタルWiFiにて「中国VPN」やWi-Fiをレンタル。

他、百度地図は必携との情報。

5日分12000円
中国語話せないのどうする?

papagoが使いやすいと教わったのでDL。 なし
海外保険どうする? エポスカードやBookingcomカードなど手持ちのカードに付帯しているかも。心配しているとキリがないのでほどほどに。


なし
交通 トリップドットコム公式サイト | 航空券、ホテル、列車予約
列車のチケット予約もできそう
なし
雰囲気の盛り上げ 三国志でも入れとくか笑
(160) 李姉妹 聞き流し – YouTubeで中国語に慣れる!!
なし

今のところ以上です。

■キャッシュレスで別府旅ができるか?意識してみた

カード四枚

カードたち

父が別府の病院に入院中なので見舞いに行った。
今回はわたしの妹も一緒。
いつも予定が合わなくてすれ違っていたので、今回初めて一緒になった。
で、どうせなら、母とも別府を旅して回ろうということに。

前回の旅では、節約ミニマム旅をテーマとしたが、今回は現金なしで過ごせるかを、試すことにした。
なんつっても、昨今は清潔意識が高すぎて、当方も影響を受け、現金を持った手だと、石けんで洗うまでは他のことができないのである。
たとえば帽子を被るとか、マフラーをまき直すとか。
妹にそう言ったら「神経質すぎる」と笑われたのだけど。

仮にそうでなくても、荷物の多い旅行中はできるだけ小銭の出し入れはさけたい。

ということで持参したカードは

  • 楽天edy
  • nanaco
  • pasmo
  • クレジットカード
  • 健康保険カード
  • 銀行AとBのカード

さて、さっそく家を出よう。

家→空港

PASMOでキャッシュレス完了!! と思ったら、
地元の自販機で缶コーヒーを買ってしまった。120円。最近はICカードや電子マネーの自販機も登場しているけど、まだまだの模様。

空港内

完全にキャッシュレス可能。クレカはもちろん、すべて(だと思う)の電子マネーが使える。(自販機までは見るの忘れた)
ここで「空弁」をedyで買って、妹と食べた。

大分空港からのエアライナー

前回(2017年の6月)の旅では、大分県に来たらPASMOが使えなかった。ところが今回、こちら(大分交通)にもあるように、全国の交通系ICカードが使えるようになった。なので、別府市内を走る路線バスおよび観光バス、どちらもPASMOでキャッシュレスだった。大変助かった。

タクシー

別府市内とその周辺はバスでたいがい事足りる。が、どうしてもタクシーを呼ぶ場面もある。たとえば湯布院に昨年できた「 ゆふいん 文学の森|大分県由布市湯布院町 」は、バス便はない。駅前やバス停からの徒歩でも遠すぎる。
ということでタクシーを使い、現金を払った。といっても大分のタクシー会社、半分くらいはクレカ使用できるようだ。→ 大分県大分市 タクシーを呼びたい タクシーサイト ←このマークのある会社はクレカ使用OK。
ちなみに由布院駅から文学の森は1500円程度。

宅急便

今回、念願の 九州焼酎館 に行った。嬉しかった。楽しかった。すてきだった。(注:一般の方にはさほどでもないかと思います。焼酎が300種類置いてあるだけってはなしなので…)(しかも外見が食堂なので、来た人に「食べるところないんですか?」と聞かれてたし)
見てるとどの焼酎もみんな欲しくなるのだけど、焼酎は大変に重いので、持って帰るわけにはいかない。なので、宅配便前提となっている。
この宅配便料金が、現金オンリーである。
焼酎自体はクレカで買える。買いすぎ注意(> O <)

旅館内

昔ながらの旅館に泊まったので、ここでの土産物などの買い物は現金だった。旅館代金は妹が楽天トラベルにて支払った。といっても、ビールを飲んだりすると追加料金が発生する。ので、そちらは現金で支払った。

文学の森

入館料700円と、太宰治グッズの購入は現金で。

他、食べ物やさん

ゆふいんのダイニング クム – の肉まん、すんごい美味しかった。現金払い。

まとめ

ということで、思った以上にキャッシュレスですごせた。とはいえ、小さい店での買い物も楽しみたいので、ぜんぶをカードは無理だった。取り出すのが楽しくなるがま口を現地で購入するのも良いかな~と、思った。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén