■太宰治の部屋が移築された「文学の森」は、読書のための最贅沢空間だ

文学の森外観

太宰治が住んでいた杉並区天沼の碧雲荘を解体。そっくりそのまま湯布院に移築した。写真はその外観

日本に作家って山ほど居るけど、愛され度という点では太宰治が一番じゃなかろうか。ちなみに二番は夏目漱石。三番坂口安吾かと。でもって人気作家ともなると、その生地はもちろんのこと、ちょっとでも住んだことがある場所が「○○ゆかりの地」ってことで、のちのちまで自慢の種にされる。

太宰治の場合だと、生地は青森県で青年時代までを過ごしている。当然青森県の人が一番に自慢にすべきである。が、作家というのは故郷を捨てている事が多いので、どこまで自慢していいもんか悩むところだ。

青森の後はどこに住んだのだろうか。 太宰治の生涯 略年譜 – 太宰ミュージアム で調べると、太宰はもうそれはあちゃこちゃ移り住んでいる。なので、「ゆかりの地」が大変に多い。

たとえば
甲府市御崎町五十六番地で新婚生活に入る
杉並区天沼の碧雲荘
千葉県東葛飾郡船橋町(現・船橋市)に転地
阿佐ヶ谷の篠原病院に入院
東京府北多摩郡、三鷹村(現・東京都三鷹市)下連雀百十三番地の借家に移転。ここが終の栖

その他、静養で滞在しただけの宿や、心中を図った地や、女性と飛び込んだ川など、ゆかりだらけである。○玉県もちょっとだけ「ゆかりの地」で、『人間失格』を脱稿したのが大宮のようだ。

さて、本題のゆふいんの『文学の森』であるが、実を言うと、大分県は太宰治に縁もゆかりもない。ないんだけど、太宰が住んでいた杉並区天沼の碧雲荘が取り壊されそうになったときに、保存先として名乗りを上げてくれたのが、湯布院の女将だったのである。↓この動画に出てくる

なんともはや、ホッとする話ではないか。碧雲荘は解体され、元の材料と設計の通りに、ゆふいんに再現された。大変な手間暇をかけて、大分の地にて生まれ変わったのであった。

2017年の4月、『文学の森』という名称でオープン。ここらの経緯をNHKが放映したらしくて、母が教えてくれた。
「一緒に行ってみよう」と言い出してくれたのも母だ。
お母さんありがとう。
ここ、本当に来てよかった。

太宰治が『富嶽百景』を執筆した部屋

太宰治が『富嶽百景』を執筆した部屋

交通の便の悪い立地なのだけど、それが逆にいいかもしれない。(遠いとはいっても、由布院駅から車で10分程度)

輪廻転読

文学の森では、輪廻転読という企画を行っている。読んだ本を一冊持ち込み、カードに記入。その代わり自分も、誰かが持ち込んだ本を一冊受け取って帰る。本の生まれ変わりを実体験するのである。カードの内容はこれ↓

太宰の隣人が住んでいた部屋

2階の部屋。こちらは太宰の隣人が住んでいた。現在、一時間単位で読書用に貸してくれる模様。全集は寄贈されたもの。もちろん読んでOK

 

文学の森は、読書スペースとして、一日中ずっと本を読んでくれて大歓迎とのこと。

念のために館のスタッフに聞いから確かだ。

わたしも輪廻転読させたい本をチョイスして、どっぷり本読みにひたりに来ようかな…。

リンク

文学の森オープン 湯布院 太宰治の下宿「碧雲荘」移築 – 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
碧雲荘の現在(29年8月1日)|杉並区公式ホームページ
太宰治 富嶽百景

■キャッシュレスで別府旅ができるか?意識してみた

カード四枚

カードたち

父が別府の病院に入院中なので見舞いに行った。
今回はわたしの妹も一緒。
いつも予定が合わなくてすれ違っていたので、今回初めて一緒になった。
で、どうせなら、母とも別府を旅して回ろうということに。

前回の旅では、節約ミニマム旅をテーマとしたが、今回は現金なしで過ごせるかを、試すことにした。
なんつっても、昨今は清潔意識が高すぎて、当方も影響を受け、現金を持った手だと、石けんで洗うまでは他のことができないのである。
たとえば帽子を被るとか、マフラーをまき直すとか。
妹にそう言ったら「神経質すぎる」と笑われたのだけど。

仮にそうでなくても、荷物の多い旅行中はできるだけ小銭の出し入れはさけたい。

ということで持参したカードは

  • 楽天edy
  • nanaco
  • pasmo
  • クレジットカード
  • 健康保険カード
  • 銀行AとBのカード

さて、さっそく家を出よう。

家→空港

PASMOでキャッシュレス完了!! と思ったら、
地元の自販機で缶コーヒーを買ってしまった。120円。最近はICカードや電子マネーの自販機も登場しているけど、まだまだの模様。

空港内

完全にキャッシュレス可能。クレカはもちろん、すべて(だと思う)の電子マネーが使える。(自販機までは見るの忘れた)
ここで「空弁」をedyで買って、妹と食べた。

大分空港からのエアライナー

前回(2017年の6月)の旅では、大分県に来たらPASMOが使えなかった。ところが今回、こちら(大分交通)にもあるように、全国の交通系ICカードが使えるようになった。なので、別府市内を走る路線バスおよび観光バス、どちらもPASMOでキャッシュレスだった。大変助かった。

タクシー

別府市内とその周辺はバスでたいがい事足りる。が、どうしてもタクシーを呼ぶ場面もある。たとえば湯布院に昨年できた「 ゆふいん 文学の森|大分県由布市湯布院町 」は、バス便はない。駅前やバス停からの徒歩でも遠すぎる。
ということでタクシーを使い、現金を払った。といっても大分のタクシー会社、半分くらいはクレカ使用できるようだ。→ 大分県大分市 タクシーを呼びたい タクシーサイト ←このマークのある会社はクレカ使用OK。
ちなみに由布院駅から文学の森は1500円程度。

宅急便

今回、念願の 九州焼酎館 に行った。嬉しかった。楽しかった。すてきだった。(注:一般の方にはさほどでもないかと思います。焼酎が300種類置いてあるだけってはなしなので…)(しかも外見が食堂なので、来た人に「食べるところないんですか?」と聞かれてたし)
見てるとどの焼酎もみんな欲しくなるのだけど、焼酎は大変に重いので、持って帰るわけにはいかない。なので、宅配便前提となっている。
この宅配便料金が、現金オンリーである。
焼酎自体はクレカで買える。買いすぎ注意(> O <)

旅館内

昔ながらの旅館に泊まったので、ここでの土産物などの買い物は現金だった。旅館代金は妹が楽天トラベルにて支払った。といっても、ビールを飲んだりすると追加料金が発生する。ので、そちらは現金で支払った。

文学の森

入館料700円と、太宰治グッズの購入は現金で。

他、食べ物やさん

ゆふいんのダイニング クム – の肉まん、すんごい美味しかった。現金払い。

まとめ

ということで、思った以上にキャッシュレスですごせた。とはいえ、小さい店での買い物も楽しみたいので、ぜんぶをカードは無理だった。取り出すのが楽しくなるがま口を現地で購入するのも良いかな~と、思った。